• ホーム
  • ニキビをきれいに治したいときに潰してはいけない本当の理由とは?

ニキビをきれいに治したいときに潰してはいけない本当の理由とは?

ホルモンバランスの影響で出来やすいニキビの症状は、跡を残さないためにも早めに適切な治療を行うことが大切です。自分で行える対処方法として、ニキビを潰すことによって短期間で完治させることが出来ると、潰してしまう方は少なくありません。ただニキビの進行段階によっては潰しても大丈夫な場合と潰してはいけない場合に分かれるので、適切な治療方法を理解しておく必要があります。まず、にきびは毛穴に皮脂や古い角質が蓄積することで塞いでしまうことで起こります。

毛穴が塞がっている状態は白ニキビと呼ばれ、指でザラザラとした状態となるので洗顔をした時などに気付く方は多いです。そしてこの白ニキビは角質が厚くなり、皮脂が溜まっている状態なので炎症を起こしておらず、潰しても良い状態に分類されます。この白ニキビの状態であれば潰すことで通常よりも早く完治させることが可能で、その理由として、完治するまでに起こる毛穴の炎症を飛ばすことで色素沈着を起こすことなく綺麗な状態に戻すことが可能です。反対に絶対に潰しては行けないのが、炎症を起こしている赤ニキビや黄色ニキビの時です。この理由として痛みや赤みが出ている状態はアクネ菌やブドウ球菌が繁殖している状態なので、無理に触って潰してしまうと傷口に雑菌が入り込み炎症が長引く原因となります。炎症が長引くほど色素沈着が強く残る恐れがあるため、患部には出来るだけ触らずに治療薬を使用して対策を行う必要があります。

実際に自宅で潰す際には、清潔な環境下で行うことが一番重要なポイントです。最近では皮膚科などで使用されている面ぽう圧出に使用する専用器具もドラッグストアなどで手に入るようになっていますが、使用前に滅菌処理をしていなければ意味がありません。そこで安全にお手入れを行うためにも、市販されている1本ずつ梱包された滅菌綿棒を使用する方法がおすすめです。

実際に潰す際には、手は綺麗に洗浄してから綿棒を2本使用してニキビを挟むように優しく角質を押し出します。この時に擦ったり、グイグイ押し込むとデリケートな肌に負担をかけてしまう恐れがありますし、力を入れることで色素沈着を起こしてしまう危険があるので、鏡を見ながら丁寧にケアを行うようにしましょう。潰した後はすぐに治療薬を塗ることも忘れてはいけません。角質だけ押し出した状態は、毛穴が開いて外部から雑菌が入り込みやすくなっているため、治療薬で蓋をしてしまえば細菌が入り込んで炎症を引き起こす可能性を減らすことが出来ます。安全に肌トラブルを解決するためにも、潰していい状態と潰してはいけない状態を見極めるようにしましょう。