• ホーム
  • ニキビには様々な種類があり、タイプによって原因と治療法が異なります

ニキビには様々な種類があり、タイプによって原因と治療法が異なります

顔にクリームを塗る女性

ニキビは主に思春期にできやすい肌トラブルというイメージをお持ちの方は少なくありませんが、にきびには様々な種類があり、年齢によって出来るニキビは異なるといわれています。そのため若い時の治療方法をそのまま大人になってから行っても、症状が改善しなかったり、場合によっては悪化してしまう可能性があります。適切な治療を行いきれいな肌を手に入れるためには、自分のニキビの原因や症状は何なのかきちんと把握して、適切にケアを行っていくことが重要です。

一般的にニキビは毛穴の入り口に汚れなどが詰まってしまうことが原因となります。10代など思春期の時期にできやすい症状の場合、成長ホルモンや男性ホルモンなどの影響により、通常よりも過剰に皮脂分泌が行われきちんと洗顔をしていても毛穴に汚れが詰まりやすい環境が整ってしまう特徴があります。一定の範囲内であれば誰にでも起こる肌トラブルですが、人によってはニキビから炎症になり、最悪の場合消えない跡が残ってしまう可能性があるので、皮脂の過剰分泌を抑えるために皮脂コントロールを行うことが重要になります。

大人になってから出来るニキビは、ストレスによるホルモンバランスの崩れにより、男性ホルモンが多くなることで角栓が発生しやすくなることが原因で毛穴が詰まる特徴を持っています。思春期は皮脂腺が多いTゾーンを中心にニキビが出来やすいのに対して、大人になると肌が乾燥しやすい顎を中心に出来やすくなるため、保湿を行いホルモンバランスを整えることが対策です。既に出来てしまったニキビの治療なら、内部に皮脂がたまり始めた白い状態は炎症が起こっていないので、面ぽう圧出による処置が効果的です。汚れが詰まって皮脂が酸化すると黒くなってくるので、炎症が起こる前に中の汚れを取り除き、清潔にしてホルモンバランスを整える治療を行います。

炎症が起こってしまうと腫れや痛み、肌の赤みが目立ってくるので、この状態ではニキビを潰すと跡が残る原因となります。ホルモン治療を行いつつ、炎症が起こっている部分に副腎皮質ホルモン剤や抗生物質を使用して炎症を抑える治療を行う必要が出てきます。更に炎症が進行してしまうと毛穴に膿を持つ状態となるので、潰さないように患部を清潔にして皮膚科で適切な治療を受ける必要があります。年齢や症状によって治療方法は全く異なってくるので、まずは毛穴トラブルが起こらないように普段から予防対策をとることや、種類ごとの正しい治療方法を理解しておくことで、跡を残さずに綺麗な肌を手に入れることが出来ます。